准将のゲーム三昧

准将とは、ゲームが大好きな一児の父。 仕事から帰って、子供を風呂に入れて寝かせた後にゲームタイム! オンラインゲームを中心に、はまっているゲームを紹介していきます。 現在は「tera」で冒険中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AION~課金方法発表

FEZがかなりつまらない状況になっているので、最近はオープンβテスト中のAIONをメインにプレイしております。

AIONですが、思った以上に良くできていて面白い、というのがここまでやってきた私の感想です。

最初はレベル上がるスピードがちょっと遅いかなぁ、とも思ったのですが、Lv10で転職というシステムになっているため、それを考えると決して遅くはないですね。というか、最初はクエストの敵を見つけたり、報告先を探すのにゆっくり進んでいた為時間がかかっていましたが、ある程度内容を理解して進めたら、半日もかからずに転職できそうな感じです。
転職に関しては、次回の記事で、実際に試して確認してから記事を書きますね。

ここまで、私は3キャラがLv10を越えて転職しており、シールドウィングとシャドウウィング、そしてキュアウィングとなっております。

シールドウィングは戦士系の職業の盾役ですね。FEZの片手ヲリのようなもの。パーティプレイや対人戦でも重要な職だと思われます。

一方、シャドウウィングは、FEZで言うところの短スカ。こちらは1対1ならば最高の火力がでる職のようです。序盤はちょっと打たれ弱くて、何度か死にましたが(笑)

どちらの職も、戦闘があまり作業に感じられないところがあり、適度な緊張感を持ちながら戦闘できるので良い感じでした。同じスキルのひたすら繰り返しクリックゲーはすぐに飽きますが、幾つかのスキルを状況にあわせて組み合わせて戦うので結構頭を使ったりします。

つい先日転職したのが、キュアウィングで、これは一番最初に作ったクレリックからの転職です。回復職ですね。
攻撃力が低い分成長させるのが大変かとも思ったのですが、ソードマンやストランダーをプレイして、いろいろゲームのコツみたいなものをつかんできたので、思ったほど苦労はせずに一気に転職まで進める事ができました。
ポエタのクエストやミッションは、転職後でもクリア可能なので、カバラ露天鉱山やティモリア廃坑のクエストがきつく感じるようであれば、先ずはレベルを9まで上げて転職ミッションを先に進めて転職してからポエタに戻って続きをやるのもありだと思います。

戦い方は、シャドウウイング(ストランダー)の場合、相手がアクティブじゃない(近くによってもこちらから攻撃しない限り攻撃してこない)場合は、相手の背後に回り込み、自分の攻撃力を上げるスキルを2つ(ディボーション、キル インテント マックス)かけた後、背後から攻撃するとダメージが大きくなるスキル(サドン アタック)を最初に当て、その後1次→2次と繋がるスキル(クイックスラッシュ、ソウルスラッシュ)で攻撃していきます。相手も大技を使ってくる事があるので、その場合はカウンタースキル(カウンターアタック)をタイミング良くあわせて無効化します。相手がアクティブの場合は背後攻撃がまず決まらないので、遠距離から一気に距離を縮めるスキル(チャージスラッシュ)を起点に使ったりします。
大ボスなんかだと雑魚が絡んでくると非常に不利なので、ハイドで敵に見つからないようにボスのすぐ背後まで接近してから、一気に戦闘で勝負にはいるとかね。
まあ、もしかしたらこのストランダーがたまたまそういうテクニカルな職だったのかもしれませんが(^^;;

ただ、ソードマンも盾で相手の攻撃を無効化する時間を上手く使いながら戦って行く感じで、ただの力押しって感じではなかったです。少なくとも転職まではですが。

クレリックは攻撃のスキルが限られているのである程度単調になりますが、こまめに回復を繰り返すのと、位置取りを良く考えて、遠距離攻撃で誘導しながら複数の敵に攻撃されないように気をつける事がポイントでしょうか。

あと、どの職でもそうかもしれませんが、ヤバイと思ったら逃げるのも手かとw
逃げても結構追いかけて攻撃を当ててきますが、ある程度距離を走ると諦めて戻っていきます。即時発動経時回復系のポーションを逃げながら飲んでおくと安心です。


序盤のゲームの進め方はクエストを解いて進めていくゲームスタイルです。
クエストには、ミッションと呼ばれるストーリーの中心になる部分と、クエストと呼ばれるフリーのシナリオがあって、それをこなしていくうちにレベルが上がっていったり装備が揃ったり、この世界の仕組みが解っていったりするというオーソドックスなスタイルとなっています。

ただ、フリフやルナティアのクエストと違って、単に敵を何匹倒せという作業的なものに感じさせないような工夫が随所に見られます。恐らく、ストーリー性を出来るだけ持たせて、かつNPCが人格を持ったキャラとして描くように工夫している結果、それほど作業的に感じないのかと思っています。
町の門番は、たまに町に突っ込んで来ようとするモンスターを倒していますし、フィールドでも、モンスター同士が戦っているのを見た事もあり、細かいところで色々拘っている感じですね。

転職後の後半のクエストをクリアして行くにはソロではきついものも多いようなので、パーティーを組んだ方が楽な場合もあるようです。パーティー募集チャットというのがあるのですが、いつも募集が頻繁に行われています。
同じチャットでRMT業者の宣伝も毎日のように行われていますがw


それとAIONにはレギオンと呼ばれる組織単位(ギルドのようなもの)があって、対人戦争の時の軍団のような意味を持つ組織のようです。
レギオンも次々と出来ていて、募集宣伝がなされているので、社会人まったり系のレギオンがあれば参加してみようかなとも思いました。


あんまり前情報も何も入れないでやったので、期待も何もしていなかったのが良かったのかもしれませんが、思ってた以上に面白いゲームだなぁ、というのが正直な感想です。

課金のシステムがちょっと変わっていて、


30日100時間まで  1800円
30日300時間まで  3000円
90日無制限     7800円


基本はこんな感じ。
ゲームやアバターで使える別のポイントがつくのですが、そっちはとりあえずここでは略。
いわゆる従量課金というやつで、ひたすら一日中ゲームやっていたり、BOTでずっと動かしているとお金がかかるというシステムですね。社会人だと月100時間ぐらいは、ちょうど良いか、へたすりゃ使えない月もあるんじゃないだろうか。
個人的には100時間の前の30日はなんかいらないか、もしくは全部90日100時間、90日300時間、90日無制限とかにして欲しいところです。

とりあえずは、一番安い課金を事前予約で入れておこうかなと思っています。

最後に、どこにでもいるBOTのSSなど。名前を見ればだいたい日本人がつけそうに無い名前がついていたりすると、BOTですね。平気で横殴りしてきます。
Aion0907_0018.jpg

チャット欄を見ると、RMTのお知らせとかも流れています。
正式サービスが始まったら、どこまで運営が管理できるのか、ある意味楽しみに見守りたいと思っています。
スポンサーサイト

*Comment

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by
  • 2010.06/29 16:36分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ぺたっとセルフィ

プロフィール

准将~♪

Author:准将~♪
趣味は広く浅くをモットーに、映画、競馬、サッカー観戦、ボーリング、ゲーム、等々いろいろ遊びまくりの一児の父。最近は仕事が忙しくあまりゲームが出来ないが、久々にはまった「tera」を中心に活動中。北海道出身の猫大好き人間。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

7th DRAGON

左サイドメニュー

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FEZCLOCK

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。