准将のゲーム三昧

准将とは、ゲームが大好きな一児の父。 仕事から帰って、子供を風呂に入れて寝かせた後にゲームタイム! オンラインゲームを中心に、はまっているゲームを紹介していきます。 現在は「tera」で冒険中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真・三國無双Onlineレポート~第九回争奪戦

第九回目の争奪戦がありました。

八回目の争奪戦は、関西から友人が来ていたので朝まで飲んでいて参加できませんでした。

そして今回の争奪戦は、とうとう呉が最後の領土を争う争奪戦になります。
sangoku039.jpg

と言っても、この日も家族で出かけていたので、帰ってきて子供を風呂に入れたりしていてIN出来たのは22:30頃でした。リアルが忙しいとネトゲのイベント参加はなかなか厳しいですなぁ。

最終戦はかなり有利になっていたルールだと思っていたけど、あれは以前のルールで、今は最終戦だからと言って特別ハンデがある訳じゃないらしいですね。とはいえ、こちらの方が初期兵数では有利になっていたはずです。
今回の相手は、現在最強を誇る名士袁紹。単体で当たったって(人数比的に)絶対に勝てるわけ無く、属国に成り下がるまでどれくらい時間を持ち堪えられるかって事ぐらいが焦点でしょうか。
現状の争奪ルールではレッドクリフのような大逆転は絶対に起こりえない現象で、昔から三國無双Onlineのアンケートには小国同士が同盟を組んで大国にあたる、三国志では当たり前の戦略の導入を書いているのですが、全く聞いて貰えそうにもありませんね。

案の定、私がINしたときには既にダブルスコアまで差がつけられていました。
sangoku040.jpg

もう、後はじわじわと押されるだけで、ゲーム中の士気だけじゃなく、いわゆるプレイヤーの本当の士気も落ちて当然ですよね。何をやっても勝てないことが解っているのに、必至で頑張れる奇特な人がそうそういるわけもないです。
戦略ルール的には、例えば防衛側はある時間まで例え負けていても持ち堪えたら防衛成功とでもすれば何とか頑張ろうって気にもなりますけど、現状は人数差でどうにも出来ない状態です。
まあ、人数が多い方が勝つというルールならばそれはそれで良いのですが、ゲームとしてのモチベーションを上げるようなシステムが無いとみんな強い国に転生してしまうばかりですよね。
例えば、負け戦でもその国の中で活躍した上位100名ぐらいには褒賞(貴石とか家具とか、オリジナルの衣装とか)が与えられるとかのルールを作れば、人数の少ない国や相対的に弱い人の多い国の方が褒賞が貰える確率が上がるので、今みたいに誰もが袁紹に転生なんて状態はそんなに起きないと思います。

でも、現状ここまでの運営の方針を見ていると、正直私が期待しているゲームの方向性とはかなりずれてきたので、半ば引退気味になりつつあります。

運営のこれまでのアップデートを見る限り、いかに直接的な対人戦を楽しませるか、というような方向性しか私には見えてきません。私がこの三國無双が面白いと思ったのは、敵を倒すことを目的とせずに手段としてゲームを成りたたせようとしていた点でした。だから相手を倒すよりも如何に効率よく相手の拠点を落とすかが重要であり、その為には4人が如何に連携できるか、といった点を争うのが面白くて最初の頃は激突をやりまくったものです。
ところが、それがアップデートを重ねる度に、制圧戦より対人戦を重視するような方向に動いていました。一時期は、絞り、チートが横行し、対人を仕掛けてくる人ほど、まともに戦闘が出来ない状態もありましたしね。
現状は、武器の種類は多いものの、実際にいろいろな場面で使える様な武器は少なく、争奪戦などの強いパーティほど使う武器は固定されている傾向にあります。


というわけで、話は脱線してしまいましたが、程なく孫権軍は負けまして領土は無くなりました(笑)
sangoku042.jpg
sangoku043.jpg

終了後に、孫権軍には最近見たこと無いぐらいの人でごった返していて、その殆どが初期装備(笑)
恐らく、別陣営の人が、領土を失った孫権軍がどんな状態になっているのかを見るためにサブで来ているんだと思いますが、これだけの人が孫権軍に溢れていたのを見たのは、海外接続排除以来のことかもしれません(笑)

ちなみに、領土を失っても街の見た目は何も変わりません。
行商で取り扱う商品が激減する事、給料の基本給が払われなくなる事ぐらいでしょうか。
仕官している将軍の台詞すら同じままでした。
sangoku044.jpg
sangoku045.jpg


今回は、私は結局一度だけ野良で戦って1勝しましたが、まあ、完全に焼け石に水状態。
sangoku041.jpg

積刃剣を持って出た初めての争奪戦でしたが、やはり結構効果は大きいようです。


さて、さきほど脱線したところで書いたように、私は現状、このゲームに魅力をあまり感じられない状態になっています。この先アップデートが繰り返されて、大きく変更されることがあるかもしれないので細々とA特務などは続けていくつもりですが、暫く課金もしないでしょう。呉にいたフレンド登録された人は殆どが別陣営に異動してしまいましたしね。

私はただの対人格闘ゲームなら、三國無双Onlineをやるつもりはありません。無双エンジンを利用した戦略級(戦術級と言った方が正しいか)のゲームだと思ったから興味があったわけで、PK数を競うゲームなら私の出る幕は皆無です。

単に新武器を追加するだけでなく、ゲームシステムとして面白くなるようなアップデートが行われることを期待しつつ、暫くは細々と続けていこうかと思います。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ぺたっとセルフィ

プロフィール

准将~♪

Author:准将~♪
趣味は広く浅くをモットーに、映画、競馬、サッカー観戦、ボーリング、ゲーム、等々いろいろ遊びまくりの一児の父。最近は仕事が忙しくあまりゲームが出来ないが、久々にはまった「tera」を中心に活動中。北海道出身の猫大好き人間。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

7th DRAGON

左サイドメニュー

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FEZCLOCK

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。