准将のゲーム三昧

准将とは、ゲームが大好きな一児の父。 仕事から帰って、子供を風呂に入れて寝かせた後にゲームタイム! オンラインゲームを中心に、はまっているゲームを紹介していきます。 現在は「tera」で冒険中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FEZ~初心者講座(堀り編)

私も、戦争にも何度もでて超初心者から上級初心者?くらいにはレベルアップしたでしょうか?(笑)
そこで、初心者の視点でみた初心者講座を(掘りを中心に)書いてみたいと思います。
少々、文章ばかりで長い記事になりますが、ベテランの方から見て、おかしいと思う点や補足がもしあれば、コメントを宜しく御願いします。

さて、まず戦争に参加する前の準備です。

まずは、wikiの初心者関連のページには目を通しておきます
ただし、正直言うとwikiは丁寧に詳しく書いてくれていますが、最初のうちは情報量が多いので、本当の超初心者だと完全に理解できないかなぁ、とも思います。ただ、戦争に繰り返し参加していくと、書いてある意味が解ってくるので、良く理解できなかったとしても、全体を通して読んでおいた方が良いでしょう。予め読んでいるのと読んでいないのでは理解度が全然違います。


初心者はいつから戦争に参加できるかというとLv1からでも可能なのですが、経験値の効率から考えるとLv15くらいまではモンスター狩りをやっていた方が効率が良いようです。また、操作に慣れる意味合いも強いので、最初はキャラのレベルだけじゃなく自分の操作レベルも上げるつもりでモンスター狩りをした方が良いと思います。

ほどよくレベルも上がったとして、いよいよ戦争に参加です。

最低限のアイテム準備はしていくことにします。初心者は前線で戦う訳じゃないので、強化系のアイテムは使わないと思います。ただ、裏方をやっていても敵の襲撃を受けることは多々見受けられるので、回復系のアイテムは必ず持参し、ポケットにセットしておいた方が安心です。FEZはアイテムコスト制というシステムがとられていて、各アイテムに設定されているコストのトータル値が130になるまでしかアイテムが使えません。しかしながら、裏方をやっている初心者には、コストを使い切るほどの激戦を行う訳じゃないので、とりあえずはあまり気にしなくても大丈夫だと思います。お勧めは、ベーコンとリジェネレート。コスト的にはパンやライトリジェネの方が優秀なのですが、裏方中心の初心者は回復効率を優先させて問題ないでしょう。お金に余裕があるようならば、ハイリジェを持っていくとより安心感が増します。

いよいよ戦争マップに入ります。

戦争開始前に一般の人は、エンチャアイテムで強化したり、参加メンバーの構成を確認したりしているようです。しかしながら、初心者のうちはそんな事はほとんどしないでしょう。するようになっていれば、ある程度は初心者を脱していると思います。
では、初心者が戦争開始前にすることは何があるでしょう?
初心者がしなければならないこと、それははマップをよく見ることです。熟練者は既にマップを殆ど覚えています。クリがどこにあって、崖や橋がどう配置されていて、どういうルートで進軍してとか知ったうえでプレイしています。しかしながら初心者はまだ、それが解っていないで参加しています。だからこそ、最初はまずマップをよく見ます。特に、クリスタルの位置を把握しておくと良いです。自軍の城の前のクリスタル(通称キプクリ)は、序盤の速攻領域展開にはともかく、後半はすぐに召還を出せる程度残しておく必要があります。よって、キプクリを枯らせないためにも僻地に堀る人が必然的に必要となります。堀専門でやっていたとしても、序盤はキプクリで掘っても、中盤以降はキプクリから僻地に移動するようにした方が良いのです。その時になって移動場所をあたふたと探すことの無いように、どこの僻地で掘るのが効率的なのか、戦争開始前にしっかり確認しておくのが良いと思います。

さて、実際に戦争が始まりまったとします。

まずはクリスタルに走ります。キプクリに走るか、僻地でも近くにクリがあればそちらに走るのも良いでしょう。とりあえず序盤はどんどんクリを集めて、オベやエク、門、ATなどを構築していく必要があります。正直建築はかなり難しい(特にオベは)ので初心者はやらない方が良いと思います。変な位置に建設すると替えって迷惑になります。
とりあえず、最初は前線に行く人がクリ募集をかけてくるので、3個ぐらい貯まったらどんどん募集している人に渡していきます
そのうちレベルの高い人は前線にほとんど出て行って、序盤の領域が固まり出した頃、キプクリ前だとたいてい裏オベとかを建築してくれているような人が銀行を始めてくれます。そうしたら、どんどんその銀行にクリを渡しましょう

仮に誰も銀行をやってくれる人が出なかったとします。銀行管理は初心者には難しいので、さすがに立候補は出来ないですが、12個以上貯まった状態で掘り続けると効率が悪いです。銀行をやらないにしても、クリを他の掘っている人から集めるだけでも、クリの回収効率はあがります。もし、誰も集めてないなら「クリをまとめます」と軍範チャットで宣言して他の人のを集めてあげましょう。これは、初心者でも出来ます。

建設は難しいと言いましたが、集めた時点で門が作られていなかったら、キープ近く(相手の襲撃を受けにくいところ)なら場所はあまり問題にされないので建設してしまいましょう。ただ、崖の近くにたてると、上に飛び乗って門を壊されることがあるらしいので、崖からは離した位置にたてましょう。前線から「そろそろレイス頼む」と要望が来た頃には門が出来ていて50個のクリが集められる状態になっていることが望ましいです。また、要望が来なくても早めに出せるようになっていることに越したことはありません。

また、銀行が開設され始めた頃に、キプクリに数人の掘る人がいるようなら、そのまま掘り続けるとすぐにキプクリは枯れてしまします。よって、僻地に行くかナイトを召還するようにします。キプクリには一人もいれば十分でしょう。なお、今回は堀に関してのみ書くので、ナイト召還に関してはまた別の機会にしたいと思います。

僻地クリに移動したとします。

やることは一緒で、募集がかかっている人がいればその人にどんどん渡します。あと輸送を担当するナイトがいれば定期的に回ってくるので、その人にどんどん渡します
輸送ナイトも、他の人からの募集も来ないようなら、場所と堀人数を軍チャで伝えて輸送を要求するのも良いでしょう。銀行まで近場であれば、自分で集めて徒歩で輸送もあり得ます
あと、近くの前線で激しく攻防を行っているようならば、近くまで行ってATを建築するのも助けになります。前線の人は序盤は結構クリを持ってATを前線にどんどん建てているのですが、中盤以降は前線を維持するためになかなか建築をしている余裕がありません。建築ナイトがいてマップ中を走り回って建築してくれている場合はいいですが、そうじゃない場合はAT分のクリを持って(15個)前線近くまで行き、相手の流れ弾や突入に巻き込まれないように十分気をつけ、味方の戦線を支援できる場所にATを建築して、素早く掘っていた僻地クリへ待避しましょう。

なお、くれぐれも20個のクリを持っていつまでも黙って座ってる事だけは、全く意味がないのでやめましょう。それならば、20個を他の人から貰って輸送ナイトに自分がなったり、徒歩で銀行まで歩いて届けた方がよっぽど貢献できます。


僻地クリではキプクリで掘るときより気をつけねばならないことがあります。
それは、ハイドスカウトの奇襲です。
前線に近い分、必ずと言っていいほど敵のスカウトがハイドで隠れて奇襲をかけてきます。たいていはパニ+ブレイク系(私はヲリなのでアームブレイクが多い)で仕掛けて来ることが多いです。さすがにレベルが低いとはいえ一度の襲撃で死ぬことはありませんが、相手が熟練のスカウトの場合、こちらのPCスキルが低いとみると、執拗に攻撃を仕掛けてくることもあります。そうならないためにも、僻地堀の時にはハイドサーチをしっかりしておく必要があります。(ハイドを見つけて、こちらから牽制に攻撃を仕掛けたりすると、相手のスカウトは逃げていくことが多いです。キャラレベルが低くても中身はベテランのサブと言うこともあるので)

また、前線が相手の猛攻によって押し上げられてきて、僻地クリの周辺が戦場になることも希にあります。この場合は初心者は無理をせずに避難しましょう。戦場全体を見る余裕がないので、ソニックなどで牽制していても他の敵から各種状態異常を貰った上で為すすべもなくデット数を増やすことにしかなりません。また、せっかく味方の氷皿が凍らせてくれた敵を、自分の弱い攻撃で割ってしまったりすると、激戦中でも非難のチャットが飛び交います(笑) 特にゲブは、私の見る限り弓スカに対する非難はかなり厳しい印象を持ったので注意が必要です。(戦闘中の場合チャットで非難する暇あれば戦ってくれよ、とも思うことはありますが・・・)

僻地堀をしている初心者でも絶対にやらないといけない仕事があります。
それは、味方のオベリスクを守ることです。
前線から離れたオベリスク(通称裏オベ)をハイドで密かに壊しにくる、通称ねずみと呼ばれるスカウトがいます。オベリスクを折られることは、特に後半になればなるほど自軍に対して大きなダメージを受けてしまうので絶対に避けねばなりません。かりにこちらがド素人の初心者でも、近くのオベリスクに攻撃が加えられているのを見たら、その攻撃を防ぐように動かねばなりません。ねずみはたいてい一人~少人数なので、自分たちだけで対処が厳しいと思ったら救援を呼びつつ、とりあえずオベの攻撃を妨害するようにソニックや魔法、弓で牽制します。相手を倒せなくてもオベを守ればいいので、相手の攻撃を邪魔するだけでも効果は十分です。これは初心者でも問題なくできるはずです。相手が自分を倒しに来たら、それはオベを守ったことになるので、頑張ってオベからネズミを引き離して逃げ回りましょう。
近くでオベが折られつつあっても、それを無視してひたすら掘り続けるのだけは絶対にやめるべきです


さて、そうこうするうちに、戦争はどちらかの勝利で終了します。
ここで、初心者に是非とも、お勧めする事が一つあります。

「出来るだけ最後の方でフィールドアウトする」ということです。特に負けたときには残っていた方がいいです。
というのは、戦争に負けるのには理由があって、その理由の幾つかを、フィールドに残っている人の会話から知ることが出来るからです。中央に人を割かないようにした方が良いマップで、中央に大量に援軍を送って結果前線に人が足りなくなって負けた場合あったのですが、それも終了後の軍チャで知ることが出来ました。正直言って負けた後なので会話はかなり刺々しく、厳しい話になることが多いのですが、感情的になっている部分をフィルターにかけ、必要な情報のみを集めていくと、初心者にとっては得ることが非常に多いのです。
とあるマップでは崖登りのポイント(場所、飛び方)を実際に教えて貰った事もありました。残っていた人で、全く飛べなかったのは私だけだったのですが、丁寧にやり方を教えて貰って、最後にはなんとか飛べるようになりました(まだまだ3回に1回ぐらいしか上までいけませんでしたがw)。
時には初心者への非難が飛び交い厳しい言葉を叩き付けられることもありますが、逆に次回それをしないように気をつける事が出来るだけでも、確実に軍全体のレベルは上がります。
そう言うことを知る上でも、フィールドアウトは可能な範囲で遅く出ると良いですよ(ただし、あんまりゆっくりしすぎて、強いモンスターにやられることは無いようにw)。



最後に、このゲームを始めてまだ間もないですが、私は初心者ながらこのゲームの戦争の勝ち負けに関わるポイントが大きく2つあると思いました。
そのポイントとは、

1.高レベル者(キャラレベルよりプレイヤーレベル)の行動力
2.低レベル者(キャラレベルよりプレイヤーレベル)の理解力


このゲームの場合、戦争に負けるときには必ず理由がはっきりしています。なんだか解らないけどいつの間にか負けたということは、まずありません。
家庭用のゲームのように一人のプレイヤーが全てのコマの動きを管理しているわけではなく、50個の独立した意志を持ったコマがそれぞれ勝手に動くわけです。一人で制御しているゲームであれば、負ける理由に向かって軍が行動していると感じれば、その時点でどんどん修正を入れていけばいいですが、50人のバラバラの意志が負ける方向に行動してしまった場合に、それをどう修正していけるかで勝敗が決しているように思えました。

だからこそ、高レベル者は自らの知識と経験と時には勘を駆使して、戦況全体を見回して行動する必要があります。ただ黙々と自らのスコアを稼ぐために前線で叩いているのと、常に戦況全体を見回して、例え言葉が悪くても「中央そんなに人いらねーよ。南に少し回れって」とか「召還負けしてるぞ。掘ってばかりいないで前線に来いよ」とか会話が飛び交う方が、結果的には圧倒的に勝率は高くなってると感じられました。
また、私を含め必ずいるであろう低レベル者も、高レベル者が言っていることを素早く理解し、自分が出来る最大限の事をやる事ができれば十分に貢献することができます。そして、それらがピタッと組み合わさって相手を上回ったときに勝利が転がり込んできていると思うのです。

私が参加した戦争は実は負けが多いのですが、そういう中でも時には各前線の連携や、裏方や召還との連携がバッチリあって、序盤負けていたのを途中で逆転して勝利したとき時などもありました。そういう場合は、終わった後の爽快感は格別です。

この気持ちいい勝利の気分を何度も味わうためにも、初心者でも出来ることはどんどんこなして、少しずつでもその出来ることを増やして貢献して行ければいいなと思います。



なお、最後に補足になりますが、戦争の中に戦術目標戦というのがあります。これは、8時間毎に更新される目標を占領しているかどうかを確認していき一週間、約20回の挑戦で12回目標を達成できていれば、銀行横のオフィシャルショップが開店するというものです。もし、12回達成できないと、オフィシャルショップは一週間閉店してしまいます。
その戦術目標戦は非常に重要な戦いなので、出来るだけ初心者は遠慮して参加を見合わせましょう。
私も一度間違えて入ったことがありますが、その時は、私はまだ召還に出て戦っていたから良かったのかもしれませんが、Lv10代で堀をやっている人が15人近く自軍にいて、前線の歩兵が足りずに、クリや召還数で圧倒していたにも関わらず押し戻されて完敗した言うことがありました。
戦術目標戦はメインキャラで真剣に取りに行ってる戦いなので、初心者は素直に他の戦場で己を磨きましょう。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ぺたっとセルフィ

プロフィール

准将~♪

Author:准将~♪
趣味は広く浅くをモットーに、映画、競馬、サッカー観戦、ボーリング、ゲーム、等々いろいろ遊びまくりの一児の父。最近は仕事が忙しくあまりゲームが出来ないが、久々にはまった「tera」を中心に活動中。北海道出身の猫大好き人間。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

7th DRAGON

左サイドメニュー

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FEZCLOCK

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。