准将のゲーム三昧

准将とは、ゲームが大好きな一児の父。 仕事から帰って、子供を風呂に入れて寝かせた後にゲームタイム! オンラインゲームを中心に、はまっているゲームを紹介していきます。 現在は「tera」で冒険中!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三國無双Onlineレポート~「Revolution 1」関連(激突仕様変更)

今回のアップデートの中でもかなり重要な変更の一つが、激突の仕様変更です。
まだ、アップデート後はほとんど異民族相手にしかプレイしていないので、あくまで今後の推測を含んだ仕様変更の感想を書きたいと思います。

これまで、激突のルールは良くも悪くも基本拠点合戦で、不明にしたときにのみ3000人撃破の条件が出てくる位でした。その為、敵指揮官の撃破は、あくまで勝利条件を満たすための手段であり、目的ではありませんでした。

ところが、今回のアップデートで激突の仕組みが根本から変わったのです。すなわち目的が細分化され、「拠点合戦」「敵指揮官撃破」「雑魚撃破数」と始める前に目的が選べるようになったのです。

これは、何を意味するかというと「その目的にあった専用武器を用意する必要がある」ということなのです。

多くの種類の武器が必要になる=多くの貴石が必要となる、ということなので、運営的にもやりたかった変更なのでしょう。


これまでの激突の「拠点合戦」の場合、基本はいかに速く拠点を落とすか、がポイントとなっていました。このため、強化速度の速い武器、移動速度の速い武器、対人で相手強化をリセットできる武器、高楼も撃破もこなせる武器といった、いわゆる速攻万能武器に人気が集中しました。双剣や甲刀の人気が高かったのはこのためです。
ところが、激突のルールが拠点合戦から選択可能へと変更になったため、いわゆる万能武器が活躍するのはこれまでの同じルールで激突をやった場合、または不明にした場合のみに限られてきます。

例えば、2000人撃破を選んだとすると、速攻で撃破数を稼げる武器が重要となります。この場合、破壊は全く必要なく、雑魚相手では防御系もあまり必要ないと言えます。戦斧や戦盤などの攻撃強化の速い武器で、ランスロで移動最大を出来るだけ出しながらガシガシ稼ぐとか、双剣や砕棍などの攻撃強化も比較的速くて素早く狩れる様な武器を用意する必要があります。
これが3000人撃破だと、後半で撃破数が一気に伸びるような武器、例えば鉄剣や長棍なども有利になってくると思われます。

敵指揮官撃破に至っては、お互いに十分強化してからあたる場合が殆どのため、それこそ専用武器を作っておかないとかなり苦しいです。敵指揮官を倒すために破壊は必要ないのですから。
また、これまで手段であった対人と違い、目的となった対人を行うためには、不用意に敵指揮官に突っ込むことは自殺行為です。相手も対人用に武器を用意し、強化を済ませているわけですから。

よって、これはあくまで私個人の意見というか推測ですが、「対人戦は2人以上ペアを組んで臨む」のがスタンダードになると思います。1対1で仕掛けるのは、全てに優れていている超万能武器でも実装されない限り無謀な行為であり、恐らくそんなバランスを壊す武器は今後も実装されるわけがありません。
これまでのように1対1で強かった武器も、2人を相手にした場合は勝手が変わってきます。鉄鞭で神髄をあてて相手を瞬殺しようとしても、2人相手だと無双ゲージが無くなったところでもう一人の敵に逆に瞬殺されてしまうかもしれないわけです。

2人以上でペアを組んだ場合には、作戦によって役割分担を明確にし、それ専用の武器を作る事が良いのではないかと思っています。
作戦は色々あると思いますが、例えば「アタッカー2人」「ディフェンダー+アタッカー」とかです。
「アタッカー2人」は、超強力な攻撃を2人で敵一人に集中し、一気に沈めるという作戦です。
「ディフェンダー+アタッカー」は、一人が相手の攻撃を受け止めて、もう一人がその敵を叩くというものです。

例えばアタッカー役として、私は朴刀を作ろうと思っているのですが、その強化は6/0/2/0/0の攻撃上昇2回の改造とかを考えています。6/0/0/0/2でも良いかもしれませんが朴刀の無双上昇は意味無いから朴刀に限ってはやっぱり前者の方が良いかなと思ってます。
朴刀の攻撃6のランスロ2倍にすれば、戦斧の攻撃5の破竹を遙かに上回る攻撃力です。しかも、ランスロを3つもあけているので、3色ピカピカ状態にもって行きやすいというメリットがあります。

ディフェンダーとしては、例えば爪や戦盤が良いと思います。強化は3/0/5/3/0とかにして、極符水を付けていれば、破竹や神髄でも殺されにくいと思います。攻撃は相手を倒すためのものではなく、雑魚を倒して瓢箪を集める最低限の攻撃力にとどめます。究極を発動していれば、背水ならば更に死なないだろうし、鋼躯なら相手の攻撃をかわしやすくなります。爪も戦盤も相手をピヨらせたりよろけの攻撃を持っているので、相手に無双とかを使わせた後でそれらの攻撃を仕掛け、自分ではその後の攻撃をコンボで繋げなくてもペアを組んでいる味方のアタッカーに続けて攻撃をしてもらうわけです。

もちろん作戦はこんな単純なものだけとは限らず、撃破数のときに3人は撃破を稼いで一人が甲刀で敵指揮官をひき逃げして回って妨害するとか、敵指揮官の時に一人が撃破を稼いで残りの3人でひたすら守って撃破で競り勝つとか、様々なパターンが存在すると思います。


この様に、目的によって同じ武器でも鍛錬方法が変わったり、必要な刻印が変わったりするので、これまでのように、ネット上の情報を見て、この武器は弱いとか、この刻印じゃダメだとか判断するのは早計と言えると思います。(特に今の段階では)wikiの情報は便利なのですが、これまでの激突様式を基本として書かれているため、注意が必要です。対人戦も1対1を前提に書かれている場合が殆どなので、実践ではあまり生きてこないと思われます(演習で友人と1vs1ばかりして遊んでいるのなら別ですがw)。


今後は「○○用として○○の武器を○○という鍛錬にした」という、人により千差万別の使い方、鍛錬方法が増えてくるでしょう。そして、最初に書いたように武器の使い分けが進むと思われます。高楼の苦手な戦盤を撃破や対人仕様に使い、高楼も含む拠点合戦には甲刀や双剣を使うとか。
私も今まで以上に色々試してみるつもりですが、皆さんもいろんな使い方を試してみて、何か面白い使い方や有効な使い方があれば是非教えてくださいね。




追伸:
そういえば、今回の激突のルール変更では、ハンデの設定や、撤退時の強化リセットの有無も選べるようになりました。これも戦略には大きく影響するルールなので、十分に確認して選びましょう。

一つ言えることは、激突はこれまで以上に連携の必要なシステムとなったと言えると思います。
これまでもそうでしたが、PT4人で待ちかまえているところに、一人づつ野良で入ると、まず勝てないと思って良いでしょう。
まあ、私なんかは勝つことだけが楽しみではないと思っているので、負けても熱い勝負が出来れば十二分に楽しめるのですけどw 負けることより、回線ラグとかで相手に攻撃があたらなかったり、ワープしたりする事の方がよっぽどやる気をなくします><
スポンサーサイト

*Comment

事故フォロー(ぉ

恥ずかしながら最近知ったのですが、一つの項目の鍛錬の上限は5までなんですね(^^;;;
6/0/2/0/0なんて作れない訳です。スミマセンm(_ _)m
  • posted by 准将
  • URL
  • 2008.03/31 21:26分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

ぺたっとセルフィ

プロフィール

准将~♪

Author:准将~♪
趣味は広く浅くをモットーに、映画、競馬、サッカー観戦、ボーリング、ゲーム、等々いろいろ遊びまくりの一児の父。最近は仕事が忙しくあまりゲームが出来ないが、久々にはまった「tera」を中心に活動中。北海道出身の猫大好き人間。

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

7th DRAGON

左サイドメニュー

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

FEZCLOCK

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。